エクオール +ラクトビオン酸

更年期の不眠

更年期に増える不眠のきっかけとは!?

俗に、男女とも加齢に伴って不眠は高頻度に起こります。

とくに閉経後の女子には、不眠の問題が顕著にあらわれます。

日本でも、全国的な実態質問で、睡眠に関して問題抱える人の比率は、50歳以降の女子により多かった報告があります。

他にも、更年期のタイミングにに不眠が増加するきっかけには、からだがほてる、発汗など、血管運動症状が夜間に起きる事により、睡眠が妨げられる事が心積もりられます。

さらに、心もとないや抑うつなど、精神症状にともない不眠が生じるなど、更年期の多様な心理・社会的ストレスがきっかけとなる場合があります。

その上、女子ホルモンの生産の減少により、相対的に男性ホルモン、俗に、男性に多々あるとされてる睡眠呼吸障害が、閉経後の女で増加してる事も推察されます。

その上、不眠はいくつかの種類ありますが、きっかけにより対策技術も豊富にあり、きっかけが更年期からくるのであれば、更年期の治療を試す事が求められます。

しかも、加齢にともなって、体内時計パフォーマンス(サーカディアンリズム)が乱れる事で、睡眠のリズムも乱れてきてしまいます。

規則正しい暮らしを続ける事が価値があるです。

寝付きが悪い事例は、就寝時こだわらなくてもいいですが、朝はなるべく同じ時に、太陽の光を浴びる事が、睡眠の質の改善となります。

就寝前に、アルコール類やたばこ類などの刺激物を避けて、安らぎましょう。

夜寝れないケースに、昼寝をする方も多々あるですが、夕方に長時間の昼寝をする事は、不眠になりやすくなってしまいます。

昼寝をする時は、30分以内にし、遅くとも16時前までにしましょう。

他にも、大豆イソフラボンが腸内細菌のはたらくにより、体内でつくられるエクオールは、1日10mgの摂取により、更年期症状に反対に高い有用性があるとされています。

更年期の不眠を改善する良い方法とは!?

更年期世代の女は、自身より周囲を優先して、知らないうちに自身の感情を抑制してしまいます。

加えて、封じ込めた自らの心情開放して、いっそのこと笑ったり、泣いたりする事が、普段のいいワンポイントになるでしょう。

大好きな映画見て笑ったりする事や、気の置けない仲間や世帯と会ってトークをする事は、ストレスの発散にもなります。

外出が億劫に感じ日もあるでしょうが、一歩踏み出してみましょう。

ひたすら無心に歩いてみたり、フレッシュな頃にしていたスポーツを再開してみたりして、からだを充分に動かしてみる事も、心身の初期化に成果があります。

しかも心の内をリフレッシュしたり、適した疲労感は、寝る前の心地いい眠気につながってきます。

昼間の時に活発に活動して、眠りに欠かせない体内時計のリズムを充分にとはたらかせるきっかけとなるのです。

さらにアロマの香りは、脳に直接伝わり、緊張ほぐす、憂鬱な気分を上に向かせてくれるような成果があります。

自らの好きな香りを見つけて休む前に満喫してでみてください。

気分を明るくする成果のあるアロマオイルなどを活用してみましょう。

なお旦那とデートする時をつくってみたり、心ときめくきっかけを作りましょう。

女子ホルモン(エストロゲン)の分泌が促されて、気分が高揚したり、睡眠につくまでの時が短くなったりと、うれしい移り変わりがあったりします。

更年期におこる不眠の苦しみは、閉経に伴うホルモンのアンバランスが解決されると、自然と消えてくのです。

このポイントに大事なのは、不安定な心身の状況は即時的であり、いまだけ不安定なタイミングだと受け止める事です。

理不尽をせずに、しなやかな心で向き合う事なのです。