更年期について

更年期の治療方法とは

更年期の不調は、年齢による女性ホルモンの分泌が低下してしまうことをはじめ、家庭や職場でのストレス、もともとの性格など、さまざまな原因が複雑に関係しています。

更年期によくみられる不調には、のぼせ・冷え・肩こりなどの身体的な症状から、不眠・めまい・うつなどの精神症状などさまざまみられます。

あらわれる症状もさまざまなため、更年期の不調の対処方法には、生活習慣の見直しやサプリメントの摂取、病院で処方薬をもらったり、カウンセリングを受けたりとさまざまな方法がありまs。

病院や医療機関での更年期治療とは

ホルモン補充療法(HRT)

ホルモン補充療法は、英語で言うとHormone Replacement Therapy、略してHRTと呼びます。

HRTでは飲み薬や、貼り薬、塗り薬を使って、年齢により低下した女性ホルモンを補う方法です。女性ホルモンのはたらきの影響が大きいのぼせ・発汗・冷えなどの症状がある人に使われることが多い治療法です。

漢方薬

更年期といえば、漢方薬を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

漢方薬は、乳がんや子宮がんなど、女性ホルモンが関係する病気をしたことがある人や、HRTの副作用が気になる人に使われます。乳がんや子宮がんを経験した人では、HRTがえ使えないので、漢方薬での治療が第一選択となります。

抗不安薬・抗うつ薬

だるさや抑うつ気分などの精神症状が強い場合には、抗不安薬や抗うつ薬の服用を進められることもあります。睡眠不足が原因となっている場合もあるため、睡眠導入薬を使う場合もあります。

また、ストレスや心配事が多い人にはカウンセリングなどの心理療法も行われます。

自宅でできる!更年期症状のセルフケア方法は

軽度の更年期症状から、病院やクリニックでの治療が必要な場合のどちらでも、生活習慣の見直しや、セルフケアをすることがもっとも重要です。

なぜなら、年齢や体質はしょうがないとしても、いままで不摂生をしてきた人では、更年期の症状がひどくなる傾向があります。

食事・運動療法

更年期の症状の程度に関わらず、日々の食事や適度な運動をすることがもっとも大切です。

更年期をさかいに、いままで健康診断で問題なかった人でも、コレステロール値が上がってしまったり、血圧が高いと指摘されたり、骨がもろくなっていってしまいます。

魚中心の和食を心がけたり、野菜中心にバランスのよい食事をしましょう、

また、適度な有酸素運動をすることで、太り過ぎ防止や体力の維持だけではなく、リフレッシュ効果もあります。女性に多い骨粗しょう症の予防のためにも、早いうちから運動の習慣をつけておきましょう。

民間療法

ハーブの中には、更年期の症状を緩和するものや、気分をリフレッシュしてくれるものがあります。また、血行をよくしてくれるようなハーブをいれることで、冷えやむくみにも効果があります。

コーヒーなどのカフェインを含むものや、過度なアルコールの摂取は交感神経を刺激してしまうので控えるようにしましょう。

お風呂にゆっくりつかって、新陳代謝をあげたり、気分をリフレッシュすることも大切です。

健康食品・サプリメント

更年期に良いと言われる食事や成分はたくさんありますが、毎日すべてを摂ることはとても大変です。更年期は心のゆらぎも症状としてあらわれます。無理して頑張りすぎても逆効果となることもあるため、健康食品やサプリメントをかしこく利用してみましょう。