更年期について

更年期と「目の疲れ」

目の疲れのきっかけには更年期もあった

俗に、更年期障害と言われると、体のほてり、倦怠感や、不眠、さらに精神的にもイライラしたりというのが代表的な症状とされています。

その更年期障害の症状にドライアイも内蔵されます。

これは、目の渇きを防ぎ、潤いをキープするエストロゲンという成分の減少によるものです。

現代では、PCやスマートフォンの一般化により、目を酷使する事も多く、ドライアイの人急激に増加しています。

こうして、現代病としてドライアイはフレッシュな世代にも多く見られますが、それに加え、加齢により女子ホルモンが低下する事で、その症状はよりひどくなります。

加えて、この更年期の頃合はは老眼も進むため、ちょっと目を使用するだけで疲れやすく、またドライアイも進行し、悪循環に落ち込みます。

ドライアイのきっかけとしては、涙そのものの量が少なくなる事と、その涙を目にとどめておく為の成分、ムチンが不足する事も挙げられます。

涙がふんだんに出ていても、それをとどめておく事ができなければ解釈がないので、近頃ではそのムチンを補うための目薬も出ています。

疲れ目やドライアイが、諸々な健康状態の不調をもたらす事もあります。

一例を挙げれば、疲れ目からくる頭痛、吐き気などももたらす事もあるのです。

そして、緑内障や白内障を発症する事もありますので、早い内から対策を心がけましょう。

更年期のドライアイを改善する技術は

更年期の頃合にひどくなるドライアイの症状を改善するためには、ムチンを補う目薬を使用する事です。

しかも、加湿器により、乾かすを防ぐ事や、スマートフォンやPCを利用しすぎないよう気をつける事が価値があるです。