更年期について

更年期の「頭痛」

更年期障害の症状の一つとしてよく起こるのが頭痛です。

頭痛には、片頭痛と緊張性頭痛とがあります。

更年期になると女子ホルモンのひとつ、エストロゲンが急激に減少します。

その減少が、脳血管の収縮やけいれんを引き起こし、片頭痛を引き起こすと言われています。

閉経前、エストロゲンが減少していく事により起こりやすくなり、閉経後、エストロゲンの移り変わりが落ち着くと、頭痛も低減すると言われています。

このエストロゲンの減少に伴う不快な症状をセーブするためのサプリメントも提供されています。

その中でも、エクオールという成分は、大豆イソフラボンの代謝物でできており、エストロゲンによく似たはたらきをすると言われています。

エクオールは、大豆製品を摂る事により、腸内細菌により体内で作られるものですが、日本人では2人に1人以下の比率でしか、つくれる人がいません。

エクオールをつくる事ができない人では、更年期症状が重いとも言われています。

どんだけイソフラボンの内蔵される大豆製品を摂取していても、このエクオールが作れない人では更年期の症状の改善があまり望みできないという事になります。

女子ホルモンに似たはたらきをしてくれるエクオールを摂取する事により、不快な更年期症状の改善や、骨粗鬆症の防止にもつながります。

加えて他ににも、しわなどの肌トラブルにも大きく関わっていますし、動脈硬化対策、メタボ対策にもエクオールの成果が発揮されます。

不快な症状をエクオールを摂取する事により改善したという声も多く聞かれます。

更年期の頭痛を改善するテクニックとは

エストロゲンの低下によって起こる頭痛の改善手法は、十分な睡眠をとる事、ウォーキングなどの軽い運動を心がける事です。