更年期について

更年期に使われる漢方薬

更年期の症状に漢方薬は有効?

更年期の症状といえば、なんとなく漢方薬が効くイメージがありますよね。

日本国内のドクターに漢方薬についてアンケートをとったところ、漢方薬を処方することの多い病気の第3位は更年期障害でした。

漢方薬を敬遠するドクターや患者さんもいますが、更年期の症状では、たくさんの不調が同時に現れることが多いです。西洋薬では、一つの症状に一つのお薬を使うという場合が多いですが、漢方薬では一種類の漢方薬でいろいろな症状に効果があらわれることが多く、更年期の症状にぴったりなことがあります。

更年期症状に使われる漢方薬とは

更年期によく使われる漢方薬には、当帰芍薬散、加味逍遙散、桂枝茯苓丸などがあります。当帰芍薬散、加味逍遙散、桂枝茯苓丸は昔から三大婦人漢方薬と呼ばれていています。

それぞれの特徴を見てみましょう。

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

当帰芍薬散は、虚弱体質の女性に向いている漢方薬です。

虚弱体質とは、痩せていたり、体力が低下していて、色白で貧血傾向がある人をさします。足の先の冷えやめまい、むくみ、肩こりなどの症状があり、のぼせの症状がない場合に使用されることが多い漢方薬です。

加味逍遙散(かみしょうようさん)

加味逍遙散は、虚弱体質〜体力中等度の女性に使われます。

体力中等度とは、虚弱でも実証でもなく中間のことを指します。

加味逍遙散の「逍遙」とは、「いったりきたりする」という意味です。肩こり、のぼせ、不眠などさまざまな症状を訴えることが多く、診察にくる度に訴える症状がころころ変わるような更年期の症状に使われることが多い漢方薬です。

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

桂枝茯苓丸は、体力中程度で顔の赤みやのぼせがある女性に使われることが多いです。

また、めまい、不眠、無気力、冷えのぼせがあり、ホットフラッシュがない場合に処方されることが多い漢方薬です。

ほかにも、女神散、五積散、温経湯なども更年期の症状に使われることの多い漢方薬です。

漢方薬の効果とは

「漢方薬は効き目が弱い」、「漢方薬は実績が少ないから効果がない」という印象を持っている方も多いですよね。

実際のところ漢方薬は効果が弱いのでしょうか。

漢方薬は本当に効果があるの?

漢方薬は通常、複数の生薬を配合していますが、配合する生薬の数が少ないほど、効果は特定の効果がでやすくなります。それは、単純にひとつの漢方薬に含まれる生薬の量が多くなるためです。喉のいたみに使われる桔梗湯やこむら返りに使われる芍薬甘草湯などは2種類の生薬から成り立っているので、飲んですぐに効果が得られることもあります。

反対に、更年期で使われる当帰芍薬散は6種類、加味逍遙散や体力の低下に使われる補中益気湯は10種類もの生薬が配合されているため、特定の効果がでるまでに時間はかかりますが、体質から改善していくため、冷えや虚弱などによく効きます。

一方の西洋薬は単一の成分でできています。そのため、成分とその成分に対する効果について、客観的に測りやすいという点がります。

漢方薬は、西洋薬と違い複数の生薬が配合されてできています。さらに、ひとつの生薬の中に複数の成分が含まれているため、漢方薬ででた効果がどの成分によってもたらされたものか客観的にわかりづらいということがあります。そのため、漢方薬の治療効果に対する研究は、実は西洋薬よりも進んでいないため、エビデンスが少なく、「漢方薬は効かない」と誤った認識をされている側面があります。

エビデンスがないということは、「効果があるのかないのかはっきりとわからない」ということです。漢方薬は、現代の化学で証明できていない面もたくさんありますが、古来の学者が時間をかけて生薬と人々を観察して生まれた治療薬です。

漢方薬の効果はいつ頃あらわれる?

「漢方薬は効き目がゆっくり」というイメージがありますよね。

漢方薬の効き目が早くでるのか、時間がかかるのかには、配合されている生薬の数や量が関係しています。2,3種類の生薬で構成されている漢方薬では、飲んですぐ〜数日後に効果がでることが多く、5種類以上のたくさんの生薬が配合されれば、効果がでるまでに時間がカカ場合が多いです。

一般的に、更年期に使われる漢方薬では、配合されている生薬の数が多いため、効果を実感するまでに時間はかかるでしょう。最低でも3~4週間かけて、漢方薬が効いているのか様子を見る必要があります。

漢方薬は温服がいい?

漢方薬の効能には、生薬に含まれる香り成分がもたらすものが多いです。香りを引き立たせるために、あたたかいお湯に溶かして飲むことがおすすめです。

また、更年期に使われる漢方薬の多くは、からだを温める効果のものが多く、冷水ではからだを冷やしてしまうためおすすめできません。

漢方薬はいつ飲むのが正しいの?

漢方薬の吸収をよくしたり、副作用を軽減するために空腹時に漢方薬を服用することがおすすめです。