更年期について

更年期の検査と診断方法とは

これって更年期!?更年期の診断と実際は

肩こり、頭痛、ほてり、ホットフラッシュ、冷えなどの症状に悩んでいませんか?

周りに更年期の症状について相談できる友人がいない、同じような症状をもっている人がいないなど、悩んでいませんか。

自分の更年期の症状が強いのかどうか比べることが難しい場合、なかなか病院を受診するのは抵抗がありますよね。

更年期に悩む人の多くは、動悸やめまい、関節痛、倦怠感、頭痛などのからだの症状を感じて、内科や整形外科を受診します。そこで、腫瘍や臓器・組織の変形などといった不調がなかった場合に、婦人科を紹介され、更年期と診断されることが多いです。

更年期の症状と危ない病気

更年期には、肩こりや関節痛といった痛みや、頭痛、動悸などの身体的な症状と、抑うつやイライラなど精神的な症状など、さまざまな症状が起こります。更年期の診断では、このような症状のなかに大きな病気が隠れていないか、慎重に診断を進めなければなりません。

更年期の不定愁訴に関連する可能性の高いものには、

  • 甲状腺機能亢進症・低下症
  • 緊張性頭痛
  • 高血圧
  • 内耳性めまい
  • 関節リウマチ
  • 悪性腫瘍・脳腫瘍

などがあります。

更年期の診断方法とは

上記の疾患でないことがわかったら、更年期に特徴のあるホルモンのマーカーなどを検査して、更年期の診断がされます。

  • 卵巣機能検査(ホルモン検査)
  • 血清脂質検査
  • 骨代謝マーカー
  • 子宮がん検診
  • 乳がん検診

これらのホルモンやがんマーカーを検査していきます。

卵巣機能検査(ホルモン検査)

FSH

閉経前になると、蘭方刺激ホルモン(FSH)の分泌は上昇します。

LH

閉経前になると、LHの分泌は上昇します。

E2(エストロゲン)

更年期になると、E2値は低下します。

P4

P4はプロゲステロン(黄体ホルモン)のことで、エストロゲン同様に、更年期には分泌が低下します。

血清脂質検査

エストロゲンには、血中のコレステロールを低下させるはたらきがあります。

更年期になると、エストロゲンの分泌が減るため、コレステロール値が高くなったり、中性脂肪が高くなったりと、高脂血症のリスクが増えます。

基準値 異常値
T-Cho(総コレステロール) 130~219 mg/dL 220以上
HDL-コレステロール 40~99 mg/dL 40未満
LDL-コレステロール 60~119 mg/dL 120以上
TG(中性脂肪) 30~149 mg/dL 150以上

骨代謝マーカー

骨も他の細胞と同じくターンオーバーを繰り返しています。

骨は、カルシウムから骨を作る「骨形成」と、骨からカルシウムを溶かし血中のカルシウム濃度を上昇させる「骨破壊」を繰り返しています。この骨の代謝のことを「リモデリング」と呼びます。

エストロゲンは骨のリモデリングにも関わっています。骨を分解するはたらきの「骨破壊」抑制していますが、エストロゲンのはたらきがなくなる更年期以降では、骨粗しょう症のリスクにつながります。

骨形成マーカー

  • BAP(骨型アルカリフォスファターゼ)
  • PINP(I型プロコラーゲン架橋N-プロペプチド)
  • PICP(I型プロコラーゲン架橋C-プロペプチド)
  • OC(オステオカルシン)

骨吸収マーカー

  • 血清NTX(I 型コラーゲン架橋N-テロペプチド)
  • CTX(I型コラーゲン架橋C-テロペプチド)
  • TRACP5b(酒石酸抵抗性酸フォスファターゼ)
  • 尿NTX(I型コラーゲン架橋N-テロペプチド)
  • CTX(I型コラーゲン架橋C-テロペプチド)
  • DPD(デオキシピリジノリン)
  • 遊離型DPD
  • 総DPD

骨密度測定

  • DXA(デキサ)方
  • 超音波法
  • MD(エムディ)法

子宮がん・乳がんマーカー

子宮がんや乳がんではエストロゲン感受性が高い場合に発症することがあります、

更年期の治療で使われるホルモン補充療法(HRT)は女性ホルモンの補充をするため、子宮がんや乳がんの経験やリスクのある人には使えません。更年期の治療方針を決めるためには、乳がんや子宮がんなどのリスクがあるかどうか検査をする必要があります。

閉経の診断は!?

医学的に、「12ヶ月以上の無月経」が確認されると閉経と診断されます。

また、子宮を摘出した女性ではゲ月経の有無が確認できないため、女性ホルモンマーカーにより診断をします。

  • FSH40IU/mL以上
  • かつ、

  • エストラジオール20pg/mL