更年期について

低用量ピル

更年期の治療技術のひとつに、ホルモン補充療法(HRT)があります。

女子ホルモンを服用するお薬というと、月経不順や生理前症候群(PMS)の治療に用いられる低用量ピルを思い浮かべる人も多々あるでしょう。

ホルモン補充療法(HRT)と低用量ピルのどっちにも女ホルモンのエストロゲンとプロゲステロン(黄体ホルモン)が内蔵されていますが、この2つは根本的に違う目的で進歩してきた治療薬です。

ホルモン補充療法(HRT)はエストロゲンの補充を目的に進化してきました。

逆に、低用量ピルは排卵を抑制する事を目的に黄体ホルモンを中心に向上してきたお薬です。

ホルモン補充療法(HRT)に活用されている、「組み合わせ型エストロゲン」や「17-β-エストラジオール」は排卵を抑制するほとの強い作用はもっていませんが、低用量ピルに使用されるエストラジオールは、女ホルモンの中でもっとも活性が高く、ホルモン補充療法(HRT)に内蔵されているエストロゲンの6〜8倍ものエストロゲン活性があり、排卵を抑制する事ができます。

低用量ピルに内蔵されるエストロゲンの活性は高いため、更年期にあらわれるホットフラッシュや発汗、エストロゲンの低下がきっかけで起こる骨粗しょう症に対して、同等の影響が得られますが、エストロゲン活性が強いため、エストロゲンに起因する副作用の危険性もあがります。

それ故、低用量ピルを更年期の治療に用いる事は好ましくないのです。

反対に、閉経前の更年期症状にホルモン補充療法(HRT)をおこなうと、更年期症状は改善されますが、月経不順になる事があります。

低用量ピルを服用している女の更年期の治療では、閉経前は低用量ピル、閉経後はホルモン補充療法(HRT)に移行して治療する事が元となります。

そして、「閉経とは12ヶ月以上の無月経」をもって定義されていますが、子宮摘出をした事のある人では、月経の有る無しが決断できません。

月経により、閉経したか如何にかを決断できないケースでは、

  • FSH40IU/mL以上
  • かつ、

  • エストラジオール20pg/mL

により、閉経後と決断します。