更年期について

更年期の「手のしびれ」

手や足の痺れは更年期がきっかけ!?

更年期で、手足が痺れるきっかけは血行不良です。

エストロゲンという女子ホルモンの分泌が急激に減少するために、ホルモンバランスが乱れる事がきっかけとなり、自律神経もが乱れます。

自律神経が乱れた結果として、血液循環が悪くなり、手足が痺れたり、痛くなったりの症状があらわれます。

他にも手足の痺れだけではなく、手足や皮膚の表面がピリピリと感じる事もあります。

これも手足の痺れと同じで、エストロゲンが減少する事がきっかけとなって起こります。

更年期の皮膚のヒリヒリする症状は、女子ホルモンが低下した事で肌が乾かすしやすくなり、刺激に敏感になる事で起きています。

実のところに、更年期で手や足の痺れがあった人の話では、

40代後半のころから生理が次第にと不順になり、しばらく生理がこない月なども出スタート出来たころ、暑くもないのに突然いわゆるホットフラッシュといわれる顔の汗が止まらない症状に悩まされスタート出来ました。

それからしばらくして、今度は突然手足の先が冷たくなり、何もしないのにぴりぴりと痺れた感じがするようになりました。

痺れの感覚は、正座を長い間していて足が痺れたケースのような感じです。

とくに何かをしたわけでもなくこういった症状が起きるので、きっかけがわからず心もとないでした。

神経が圧迫された事例や、冷たいケース血液循環が悪くなったケースによく起きるように考えました。

更年期は、ホルモンのバランスが崩れるために、自律神経が乱れる事で、ホットフラッシュやイライラ以外にも、手先や足のつま先などの末端まで血液がうまく巡らなくなり、冷たくなって手足が痺れるという症状がおこりました。

更年期におこる手足の痺れを改善する技術とは

冷たくなると血行が悪くなるので、お風呂でよく温まってマッサージで血行を良くします。

そして乾かすもよくないので、自律神経を整える影響があるエッセンシャルオイルを入れたマッサージオイルで保湿する事もイチ押しです。