更年期について

更年期の症状と間違えやすい病気って?

更年期の症状は多岐にわたります。

  • ホットフラッシュ
  • ほてり
  • 動悸
  • めまい
  • 関節痛
  • 倦怠感
  • 頭痛

更年期の症状があらわれる原因には、エストロゲンの分泌の低下、エストロゲンが減ることによる自律神経の乱れ、ストレスなどがあります。

しかし、更年期によくみられる症状と似ている症状でも、他の疾患が隠れている場合があるので注意しましょう。

更年期症状と区別が難しい病気

甲状腺機能異常症

甲状腺機能異常症には、甲状腺のはたらきが過剰になる甲状腺機能亢進症(バセドウ病)と甲状腺ホルモンが減少してしまう甲状腺機能低下症(橋本病など)があります。

甲状腺はからだの成長や新陳代謝にかかわるはたらきがあります。

甲状腺機能異常症では、疲れやすい、落ち込みやすい、イライラ、頭痛、耳鳴り、動機、のぼせなどの症状があらわれます。更年期の症状と、甲状腺機能異常症の見分けは難しいため、血液検査や超音波検査を病院でしてもらう必要があります。

緊張性頭痛

更年期にもっともみられる症状のなかに、肩こりや頭痛があります。

緊張性頭痛とは、首や肩周りの筋肉が凝ってしまうことが原因で起こる頭痛です。

更年期で起こる頭痛の原因は、エストロゲンの分泌に伴い、別名幸せホルモンとも呼ばれている”セロトニン”の分泌が低下することです。セロトニンは血管の収縮にも関係していて、セロトニンが減ることで、脳の血管が拡張することで頭痛が起こります。

高血圧

高血圧では、自覚症状を感じることはほとんどありませんが、一時的に血圧が高くなると、動機やめまい、ふらつきなどの症状がでることがあります。

更年期には、年齢により血管年齢が上がり血圧も高くなりやすくなりますが、エストロゲンの分泌が減少することで血管の柔軟性も失われていきます。

自分の血圧が正常かどうか、早めに把握しましょう。

内耳性めまい

内耳性めまいとは、三半規管の障害が原因で起こるめまいの症状です。

更年期に起こるめまいの多くは、自律神経の乱れから来るもので、更年期の症状が落ちついてくると、めまいの症状も落ちついていきます。

めまいには、脳卒中や心臓疾患の前兆のものもあります。気持ちが悪くなったり、立っていられなくなるようなひどいめまいの症状が出る場合には、しっかりと検査をしましょう。

関節リウマチ

関節リウマチは、自己免疫により手の指などの関節が破壊されていく病気です。関節リウマチは、女性に多い疾患で、30〜50代で発症することが多い病気です。

更年期では、関節を支えている軟骨や筋肉が衰えてしまったり、血行が悪くなることで、関節痛があらわれることがあります。

関節リウマチの特徴のひとつに、”朝のこわばり”があります。また、関節リウマチは血液検査で診断がつくこともあるので、症状がきになる場合は受診しましょう。

脳腫瘍

脳腫瘍では、腫瘍により脳の一部が圧迫されることでめまいや頭痛などの症状が出ることがあります。また、感情のコントロールができなくなったり、物忘れが多くなることもあります。

脳腫瘍の検査には、CTやMRI、脳血管増援検査などの検査が必要です。