更年期について

更年期の「疲れ」症状

更年期になると、多くの方が「体の疲れ」に悩まされますよね。

更に、この更年期のせいで起こる疲労感は、睡眠をよく取っても改善されず、何日間も疲れが繰り越してしまう困った症状なのです。

きっかけは、更年期により起こる「女子ホルモン(エストロゲン)の減少」です。

更年期の症状の多くが、この女ホルモン・エストロゲンの減少がきっかけで起こってしまいます。

けれどもありきたりに一考すると、女子ホルモンの減少がなぜ疲労感に繋がるのかは謎ですよね。

女子ホルモンであるエストロゲンは、脳の視床下部というところがうまくコントロールして分泌量をきめています。

ただし、この視床下部が繰り返し指令を送っても、更年期になってエストロゲンが減ってしまったら、これを充分に分泌できなくなるのです。

こうなると視床下部はいわゆるパニック状況ですよね。

視床下部は、女ホルモンエストロゲンの分泌の他にも自律神経に作用したり体の免疫に作用したり、体をコントロールする働きをするところなので、そこが混乱して体の全てのところに異常が起こります。

からだには普通、正常なステータスにキープするためにホメオスタシス(恒常性)というパフォーマンスがあります。

ホメオスタシスにより、からだの満遍なくで起きている異常をなんとか改善しようとして、からだや脳が理不尽なはたらきをしてしまうのです。

それゆえに疲れてしまって、慢性的な疲労感を感じてしまうわけです。

更年期の疲れにはこのようなキッチリとしたメカニズムがあります。

更年期の症状はもとを辿れば、「女子ホルモンであるエストロゲンの減少」のせいで起こるものなのです。

更年期の慢性的な疲れを改善する手法とは

慢性的な疲れを改善するためには、よく眠る、20分くらいの長風呂するなどです。

さらに、更年期には不眠の症状もでやすくなるので、30分程度のウォーキングなどの軽い有酸素運動を行い事もイチ押しです。